内覧会のご案内

2020年
未定
院内の設備や診療方針などをご紹介させていただきます。どなたでもご自由に内覧いただけますので、ぜひお気軽にご来院ください。

当院の特徴

1.専門医による診療
当院で診療する全ての医師は糖尿病専門医資格を有しています。また、糖尿病療養指導士資格を要する看護師も常駐し、インスリンの外来導入のほか、インスリンポンプやCGMなどにも対応可能であり、専門的な医療を提供します。
2.円滑な病診連携
当院の医師は慈恵医大附属病院でも外来診療を継続的に行っているため、特に慈恵医大附属病院との連携はスムーズです。
3.検査結果は電子データで受取り可能
医療情報は個人の財産です。当院で行った検査結果は御自身のスマートフォンやパソコンで管理することが可能です。HbA1c、血算、尿検査は数分で結果が出るため当日結果説明いたします。その他の血液検査結果も最短で翌日にメール配信可能です。

医院理念

生涯、第一線で活躍するために
必要な医療を提案する。

  • 5年、10年、20年、その先を見据えた治療を提案します。
  • 個々の患者さんやご家族の生活を尊重し、実現可能な形での生活習慣のアドバイスを行います。
  • 診療の質を高めることを追求し、最新の治療やエビデンスのブラッシュアップを怠らず、成長し続けます。
  • 働きがいがある職場を目指し、スタッフ全員が使命感を持って職務を果たします。
  • 東京慈恵会医科大学附属病院をはじめとする近隣の特定機能病院と適切なタイミングで医療連携をはかります。

ご挨拶

このたび、東京都港区西新橋に「あおいクリニック」を開院することとなりました。私たちは小学校からの同級生で、ともに予防医学への興味から糖尿病を専攻し、これまで東京慈恵会医科大学の糖尿病・代謝・内分泌内科にて診療に従事してまいりました。

大学病院で糖尿病診療に携わるなか、患者さんの中には、職場や学校から近い専門医という理由で大学病院へ通院されている方も多く、診察にかかる時間や定期診察の間隔、予約時間の柔軟性といった観点から、大学病院よりもクリニックの方が適している方を多く見受けました。また大きな病院で年1回程の定期的に検査が必要なため、大学病院への通院を継続している方もいらっしゃいました。糖尿病を専門とする医師の診察が可能で、かつ大学と診療所それぞれのメリットを生かしながら柔軟に行き来できる適切な病診連携の必要性を実感し、この地での開業を決意いたしました。

2型糖尿病、高血圧症、脂質異常症、高尿酸血症などの生活習慣病は、自覚症状がほとんどないために治療へのモチベーションを保ちにくい疾患ですが、放っておけば徐々に、しかし確実に、血管へダメージを与え、合併症を引き起こします。

1型糖尿病も、生活習慣病とは成因が大きく異なるものの、合併症予防が重要であること、血糖値のコントロールのために毎回の食事や日々の行動の振り返りが必要であることは共通しています。

合併症予防には地道な努力を要し、治療の継続にはモチベーションの維持が不可欠です。「なぜ治療するか」ということを知っていただくための情報提供を大切にしたいと思います。そして、それぞれに「できないこと」と「できること・やってみてもいいと思えること」があります。生活に合わせて実現可能な目標を立てて合併症予防に努めます。

私たちの役目は、患者さんが御自身のフィールドにおいて、生涯にわたり第一線で活躍するための健康管理と考えております。そのために生活習慣病や1型糖尿病をしっかりとコントロールして合併症予防に努めるほか、かかりつけ医として健診結果の管理や適切なタイミングでの病診連携を行います。

慢性疾患としっかり向き合ってきたからこそずっと元気でいられた、と患者さんが「一病息災」を実感できるクリニックでありたいと思います。また、患者さん一人一人の健康寿命 (元気に活動的に生きられる時間)の延伸は、結果として、日本の医療経済の発展や社会資源の確保にもつながります。これもまた私たち糖尿病内科医に課された使命だと考えています。

多くの患者さんのお役に立てる医療を提供できるクリニックとなるよう、医師としての自己研鑽の継続と思いやりの気持ちを大切に努めて参りたいと思います。

恩田 美湖・森武 美帆

略歴

【恩田 美湖】

2000年 雙葉高等学校 卒業
2007年 東京慈恵会医科大学医学部医学科 卒業(医師免許取得)
2009年 東京慈恵会医科大学附属第三病院初期研修修了
東京慈恵会医科大学 糖尿病・代謝・内分泌内科入局
2009年 東京慈恵会医科大学附属葛飾医療センター
2010年 富士市立中央病院
2011年 東京慈恵会医科大学附属病院
2012年 東京慈恵会医科大学大学院医学研究科医学系専攻博士課程入学
2016年 同大学大学院医学研究科医学系専攻博士課程卒業
日本航空健康管理部出向
2017年 東京慈恵会医科大学附属病院

【森武 美帆】

2000年 雙葉高等学校 卒業
2004年 東京理科大学薬学部 卒業(薬剤師免許取得)
2004年 東京理科大学大学院 薬学研究科 修士課程 入学
2006年 同大学大学院 薬学研究科 修士課程修了
大分大学 医学部医学科 学士編入学
2011年 大分大学 医学部医学科 卒業(医師免許取得)
2013年 東京慈恵会医科大学附属病院初期研修修了
東京慈恵会医科大学 糖尿病・代謝・内分泌内科入局
東京慈恵会医科大学付属病院、東京慈恵会医科大学葛飾医療センター
2014年 東京慈恵会医科大学附属柏病院、東京慈恵会医科大学附属病院
2015年 東京慈恵会医科大学附属病院
2016年 西埼玉中央病院 代謝・内分泌内科に出向
2018年 東京慈恵会医科大学附属病院

資格・所属

【恩田 美湖】

  • 日本糖尿病学会 専門医
  • 日本甲状腺学会 専門医
  • 日本内科学会 認定内科医、総合内科専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医
  • 医学博士
  • 日本内分泌学会 会員

【森武 美帆】

  • 日本糖尿病学会 専門医
  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本内分泌学会 会員
  • 日本甲状腺学会 会員
  • 薬剤師
  • 薬学修士

診療内容

  • 生活習慣病(2型糖尿病、高血圧症、脂質異常症、高尿酸血症など)
  • 1型糖尿病
  • 甲状腺疾患の内服管理
  • 健診結果の管理
  • 一般内科
  • その他

診療科目

1.XX科
XX外来 テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
XX外来 テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
2.XX科
XX外来 テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

診療時間

診療時間
09:00~13:00 〇*
14:30~17:00
*木曜午前:9:00-14:30
東京慈恵会医科大学附属病院での診療:
木曜日午前(森武)、金曜日午後(恩田)

【休診日】木曜午後、土曜午後、日曜、祝日

アクセス

〒105-0003
東京都港区西新橋3丁目19番12号メディコ西新橋ビル4階

求人情報

職種/仕事内容 (1)看護師
(2)受付
未経験でも開院前に研修期間がありますので、ご安心ください。
対象となる方

(1)看護師の有資格者
(2)学歴、経験不問。人と接することが好きな方。
経験者はもちろん接客、サービス業経験のある方大歓迎。

[P](1)看護師資格を有し、(1)(2)週2日以上勤務できる方。
夕方~ラストまで、又は土曜勤務できる方学生さんやフリーターの方も歓迎

勤務時間 月~金 9:00~19:00
土 9:00~18:00
[P]時間・曜日応相談
給与 [社](1)月給25万円~ (2)月給19万円~
[P](1)時給1500円~ (2)時給1100円~
※経験・能力等を考慮します。
休日休暇 完全週休2日(水曜・日曜)、祝日、夏期休暇、年末年始
待遇・福利厚生 交通費全額支給、昇給・賞与あり(実績による)、
社会保険完備(法定条件による)
制服、院内シューズ支給
医院内研修制度を設け、外部講習会参加時に費用医院一部負担あり
スタッフルームあり(レンジ・冷蔵庫・ロッカー・スタッフ専用トイレ完備)
連絡先/担当者 【連絡先/担当者】
xxx-xxxx-xxx