お問い合わせ
03-6453-0039
友だち追加
〒105-0003 東京都港区西新橋3丁目19番12号メディコ西新橋ビル4階
MENU

舌下免疫療法

Sublingual immunotherapy

SUBLINGUAL IMMUNOTHERAPYスギ花粉症の舌下免疫療法

舌下免疫療法について

舌下免疫療法はアレルギーの原因であるアレルゲンを少量ずつ投与することで、体をアレルゲンに慣らし、症状を和らげたり、根本的な体質改善が期待できる治療法です。

当院ではスギ花粉によるアレルギー症状のある方に治療が可能で、シダキュアⓇというお薬を使用します。 毎年春に悩まされて、抗アレルギー薬を内服している方も多いかと思います。舌下免疫療法を行うと、鼻や目の症状が軽減し、抗アレルギー薬などの使用がおさえられ、QOL(生活の質)の改善が期待できます。

    この治療は、

  • アレルゲンを投与することから局所や全身のアレルギー反応が起こる恐れがあり、稀に重篤な症状が発現する恐れがあること
  • 毎日の服用が必要なこと
  • 定期的な受診が必要なこと
  • 治療期間は3~5年が推奨されていること 
  • をご理解頂いた上で開始致します。

治療の流れ

スギ花粉症の診断を当院では特異的IgE抗体検査(血液検査)で行います。他院での検査結果をお持ちの方はご持参下さい。
スギ花粉症であることを確認できたら、最初の1週間は2000JAU錠を、2週目以降は5000JAU錠を1日1回1錠内服します。
(スギ花粉の飛散していない時期に開始します)

費用について

シダキュア5000JAUで内服中の場合、診察費、薬材費含めて月2,000~3,000円(3割負担の方で)です。

服用の注意

  • 舌下錠なので、舌の下に錠剤を置き、唾液を飲み込んだりせず1分間保持した後に飲み込みます。
    その後5分間はうがいや飲食をしないでください。
  • 副作用が起こる恐れがありますので、服用前、服用後2時間は激しい運動、アルコール摂取、入浴などは避けるようにします。
  • 初回投与はクリニックで内服し、内服後30分は副作用の観察のため院内で過ごして頂きます。
  • 副作用としては、口内炎、口の中の腫れ・かゆみ・不快感、唇の腫れ、喉のかゆみ・不快感、耳のかゆみ、頭痛などで、重大な副作用としてアナフィラキシーショック※があります。
  • ※アナフィラキシーショック
    医薬品などに対する急性の過敏反応により、医薬品投与後多くの場合は30分以内で、蕁麻疹などの皮膚症状や腹痛や嘔吐などの消化器症状、息苦しさなどの呼吸器症状、突然のショック(蒼白、意識混濁など)がみられる。

pagetop